人気ブログランキング | 話題のタグを見る

滝川なおみ ブログ

haranana.exblog.jp ブログトップ

2022年を迎えて

今年も恵まれて年を越えた。10月24日母が死去。相続放棄も年明けには完了。兄が生きているが義姉は代わって人生を生きようとしないから死んだも同然。もう、長野に行かないだろう。寂しいが人生の断捨離、捨てられるものは手放せるものは忘れて良いと思う。永い楽しい故郷、OB会もコロナで亡くなり手放して良い。
 電磁波障害で手が痺れ、治療を始めたい。CS60とオルゴール、電磁波断捨離、アース生活など、これから生活の舵を切って老境を行く。ブログもしばらくは閉じようと思う。

# by haranana1123 | 2022-02-19 07:45 | 京都の様子

自然治癒力

 自然治癒力は境遇や持って生まれた身体で人それぞれだと思う。言い換えれば生き突破し獲得する能力、私の道はそれで築かれてきたのだ。私は今は幸い健康を享受している。現在の積み重ねが過去であったし未来である。そして自然治癒力は教育の中心、政治の、そして宗教の中心と私には思える。そこからしか私の場合は出発できないし、出発できる。
 それは個々で取っ掛かりは100人100様なのだろうか?誰でも教えて欲しい。
 日本人の祖先、世界文化遺産に認定された三内丸山遺跡、縄文の平和な時代は1万年続いたとか。みんなで豊かになる暮らしはシンプル、余計なことをせず、よく観察しよくケアーし自然の経過に委ね、決して臆する事なく前進し、そこから暮らしを切り開く能力を獲得し社会を宗教を築くのだ。
 なんだ、簡単じゃないか、簡単じゃないさ、死に物狂いさ。
 現代は金が神様、金は何でもできる、楽に楽しく仲良く。人を騙して金を集め、人を脅かして手術や投薬、マッサージやカウンセラー、楽に楽しく仲良く。知恵も能力もアップする。シンプルに100年、365日、1万年行くか?トンデモない、滅亡まで秒読みらしい。
 政治はみんなで豊かに、宗教は神との1対1の交わり、みんな最後は必ず自然治癒していく。それが自然の法則。さて、具体的に今日明日、どう生きる?右往左往あっち見こっち見疲れたー、とりあえず消費税無くそう。それだけでだいぶ治癒力アップ。コロナ とワクチンの情報公開で風通しが良くいい気持ち。いい代弁者に1票投じよう。
自然治癒力_c0264675_16013584.jpeg

 

# by haranana1123 | 2021-09-11 15:55 | 京都の様子

2021年9月 母に会いに行く

今夏の青春18切符は、行って良いのかと危ぶまれた。行ってはいけない要因は幾つもあるだろうが、決定的ではない。私の体調も1人旅の限界かも知れない。しかしまだまだよと思う。2021年9月 母に会いに行く_c0264675_13195768.jpeg
 行きたいかと問えば、あえて問えば、母は私を認識しなくなったし、喜んでくれることもないし、気持ちは以前の半分だ。しかし今回は戸隠に行こうとしているし、そうそう、ホテルも変えてみよう、温泉に行ったら実家も見てこようと夢は膨らむ。
 西行きは神輿に担がれて運ばれるような夢うつつ、人から人の言葉に運ばれた。しかし東行きはとんでもない人々に突き当たりながら行って帰ってきた。こんな処に住むものかと思いつつ、虫の声、虫が居るじゃないかと何の繋がりもないのに、虫たちはいつまでも居る、毎晩ああ幸せだなーっと思えるだろう、それで良いじゃないかと思た。
 松代は行ったら行ったで、今度行くときは天竜回りで行こうと、興味は湧いてくる。それが旅の面白さ、活性化。JRの乗客の少なさはローカルでは考えられない。見聞きしてわかる事を基に自分の判断が持てる。
 母はガラス越しのこちらの世界を不思議そうに見る。あちらの世界で、今までの概念から自由になって楽しく過ごしている。家にいたら消耗するだろうが、行きたくないと拒んでいた処が実は考えも及ばない自由な処、なのかもね。

# by haranana1123 | 2021-09-11 13:21 | 松代の様子

2021 春 母に会いに

 3月23日 
 この日は良い天気で飯綱も北アルプスも雪をかぶってよく見渡せて、良いところでした。フランセーズで10時予約して母とのガラス越しの面会をしました。母は春らしい桃色の膝掛けをして現れ最初きょとんとしてました。なおみです。あなたの娘です。あなたは4人の子どもが居て等々書いた紙を見せるとこれは変だと怒ります。で、絵本を読みました。裸眼で声をしっかり出して読みます。内容のところで私が笑うと笑うのはダメと言いました。賛美歌を歌いました。歌わず読み進めるので、歌に合わせて歌詞を出しました。泣いたり怒ったりの母、笑わないのが残念で、キリストのことも「信じているの?」と言うのではいと言うと「じゃあ私も信じる。一緒に行こう。やるわ。一緒にやるわ。」「大丈夫?あなた生きていてよ」と言うので生きているともと見栄を張ると少し薄く笑ったみたい。
 こんな風であっという間に30分が過ぎました。側に付いていてくれる方にも申し訳ないと時間も気になりました。書いてきたものを何度も何度も繰り返していけば府に落ちそうでした。2時間でも3時間でもこんな風に遊んでしまいそうでした。母の表情が前回のように笑っていれば嬉しかったけど、母は行く度に変わって、今回はこんな風でした。とても健康そうで疲れ知らずでした。とても102歳とは思えませんでした。次は夏、又青春18切符で行こうと思っています。
2021 春 母に会いに_c0264675_13140067.jpeg

# by haranana1123 | 2021-03-25 13:13 | 松代の様子

結婚愛

 映画「黒いオルフェ」の主題歌 「悲しみよさようなら」に詞を付けました。ブラジルのボサノバの音楽は日本人の私には、摩訶不思議だが、歌ってみると脱力した独り言みたいな穏やかさがあった。まあどうでもいいじゃないのと歌いながら躍りまくる国民性は熱そう。南半球の国ってどんな?
 さて、スエーデンボルグの『結婚愛』を読み終って、本からふんわりとした愛が湧いてくる。天も地も人の結婚愛に支えられていると思った。そんな基本的で重要な事を他と並列し又は見落としてきた自分の人生を惜しく思った。神は愛なりの中心、性愛への反感が私にあって、求道や求学外の事柄であった。地上に受肉したからには地を這ってでもどろんこになって人間を生きたいと思いながら、その中心から今も自ら追い出ている。3人の子を産み育て親の介護を厭わないし離婚もせず傍目にはおしどり夫婦で人生が壊れていないのは感謝だが、夫婦愛が分からない。人は自分を知るために地上に受肉したように夫婦愛を知るために天上に帰るのかもしれない。
  「結婚愛」 黒いオルフェのメロディーにのせて 作アントニオ カリオス 詞なおみ
1、わたしは何をしてしまったの
  初めて知らされた大切な夫婦の愛
  もっと早く知りたかった
  後悔 胸に迫る
  スエーデンボルグの「結婚愛」
  天と地は求める みどりの牧場を作ろう
  主が結ばれ祝福された人はまとう花嫁衣装
  ここから始まる一歩
2、手を拡げて主に委ねる
  立ち上がろうとしても傷つき倒れてしまう
  主よ 私を背に負って連れて行ってください
  ここから始まる一歩
  私を歩ませ給え 憐みを 主よ
  

# by haranana1123 | 2020-12-27 16:43 | 賛美
line

遠距離介護者の生活を終えて、両親の人生を引き継ぎ自分の半生を綴りつつブログを更新する。やがて子どもたちがこのバトンを手にした時のために


by ラーラ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31